自転車の盗難事件は認知件数は減少傾向にあるが全刑法犯認知件数は増加している

自転車の盗難事件は認知件数は減少傾向にありますが、全刑法犯認知件数に占める割合はむしろ高まっているそうです。

自転車の盗難でとくに増加傾向にあるのが、気の高級車を狙った盗難事件。

こうした高級車を狙った自転車の盗難事件では、盗難後に売却するのが目的であることから、高級車が大量に盗まれるケースも少なくないようです。

警察や自治体でも、あの手この手で対策に力を入れているようですが、高級自転車の購入者で防犯登録のシールを貼ると見た目がダサくなるなどの理由から、防犯登録をしない人も多いというのです。

また、中古自転車店の中には、盗品と感づいてもあえて確認せずに買い取ったり、愛好家の中には自転車を改造すために部品だけ購入するため、バラバラにして売りに出したりすることから、盗難に遭った自転車を見つけにくく、誰が盗んだのか立証するのが難しいそうです。

 

 

自民党の平井卓也衆院議員の長男が器物破損容疑で逮捕

警視庁麻布署は26日までに、知人男性宅のインターホンを壊した器物損壊容疑で、自民党の平井卓也衆院議員の長男である、会社員の平井豪容疑者を逮捕したそうです。

麻布署によると、平井容疑者は21日午前2時40分ごろ、東京都港区西麻布の知人男性宅の玄関口に設置されたインターホンを数回にわたり殴打して、破損した疑いが持たれています。

どうやら、平井容疑者は、この知人男性と何らかのトラブルを抱えており、犯行時、お酒を飲んでいたようです。

しかし、平井容疑者は「壊していない」と容疑を否認しているようです。長男の逮捕を受け、平井議員は26日に自身のブログに謝罪のコメントをしています。

ただ、みのもんたさんの次男の事件もそうですが、息子だといっても、すでに成人になってそこそこの年齢になっての犯行ですから、親は責任を取る必要はないでしょう。

 

体調不良が続く柳原可奈子さん

今月6日から検査入院しているお笑いタレントの柳原可奈子さん。

7日にフジテレビ系「27時間テレビ」の会見を欠席し、体調不良を訴えて検査入院したことが発表された柳原さんですが、10日には水曜レギュラーを務めるフジテレビ系「笑っていいとも!」を欠席して、レギュラーを務めているMBS・TBS系情報番組「知っとこ!」も欠席する方向であることを、11日に所属事務所が発表しました。

所属事務所によると柳原さんの体調は快方には向かっているそうで、体調不良というより、頭痛がしばらく続いたため、検査入院したと説明しています。退院については、まだ未定で、柳原さんの体調についてのくわしいことは分からないと、所属事務所も明かしていません。

 

神様を冒涜にする韓国語のサイトの書き込み

インターネットの韓国語のサイトに、靖国神社の池に放尿したとする画像や文章が掲載されていたことが問題で、靖国神社は悪質なイタズラであると判断し、警視庁麹町署に相談したことが明らかになりました。

靖国神社によると、韓国語の掲示板サイトに書き込みがあったのは5月下旬ごろのことで、韓国語で「小便しました。今後も日本の政治家の妄言が続くたびに、愛国人の放尿が続いていくことを願う」などと書かれていたそうです。

この書き込みの冒頭には、橋下市長の発言を引用する文面が書かれていたことから、慰安婦問題をめぐる橋下徹大阪市長の発言に反発した行動の可能性が高いでしょう。

書き込みには、本殿の裏手にある神池庭園とみられる場所で、男が後ろ向きで放尿しているような様子や池の周りの柵が尿とみられる液体で汚れている様子の画像も掲載されていたそうです。

靖国神社は神聖な場所ですから、戦没者が眠っている・いないに関係なく、神様のいる場所に、する行為ではないことに気づいてほしいですね。

松嶋尚美さんがテレビであらためてオセロの解散を発表

相方だった中島知子さんとの解散を発表した松嶋尚美さん。

その松嶋さんが13日にレギュラーを務めるMBSテレビ系バラエティー番組「知っとこ!」のの冒頭で、「皆さん、ご迷惑をおかけしました」と謝罪した後、「私、オセロというコンビを20年近く組んでいたんですけれども、解散することになりまして、皆様、ご迷惑をおかけしました。心配もかけました。いろいろ応援、心配してくださった皆様、ありがとうございました。これからもお互い頑張ります。引き続き私たちを応援してください」と、テレビであらためてオセロの解散を語ったのです。

ただ、お互い話し合って決めた解散であっても、すぐに気持ちが切りかえられるワケがありません。

そのため、自分の名前を言う時に、「オセロの・・・」と言いそうになってしまうとも語ったのです。

 

 

遺棄されていた遺体が霜見誠さんであることが判明する

スイス在住で日本に一時帰国していた資産家夫婦が昨年12月から行方不明になっている事件。

2人とみられる男女の遺体が埼玉県久喜市内で発見されましたが、その遺体が行方不明になっている霜見誠さんの遺体であることが判明したそうです。

警視庁によると、2人の遺体は久喜市佐間の更地に、約2メートルの深さのところに埋められていたそうです。

捜査関係者によると、遺体の近くには、夫婦を誘ったとみられる男の関係者が所有する車も放置されていたことから、その男性の行方を捜し、29日夜に沖縄の宮古島で身柄を確保していたということです。

遺体の遺棄現場で見つかった車の所有者の男性は、死体遺棄の疑いで逮捕され、身柄を東京に移送されたようです。

多くの謎がある一方で、遺体が簡単に見つかりそうな場所に遺棄してあったり、車がそのまま放置されていたりと、犯行にずさんな部分も多い今回の事件。

事件の関係者らしき人物が逮捕されたことで、いっきに解決となればいいんですけどね。

 

日本未来の党がギリギリに比例名簿を提出したため候補者数の確定が遅れる

日本未来の党が届け出締め切りの4日の午後5時直前に中央選挙管理会に比例名簿を提出したことで、比例区の候補者数の確定が同日夜まで遅れる事態となったことが明らかになりました。

この件に関して日本未来の党の嘉田由紀子代表は「たった1週間前に生まれた政党。時間がかかってしまい、大変申し訳なく思っている」と釈明しています。

こうしたことは未然に防げないのでしょうか。FXでしたら、失敗は直接お金に絡んできますので許されません。社会では信頼関係に関わってきますので、もちろん今回のような事件は繰り返されてはいけません。FX デモトレード 無料で行えますので、こうして実験的に試して本番で負けないようにする努力は常に欠かしてはいけませんね。

 

どうやら比例名簿の順位をめぐって党内調整が難航し、途中で飯田哲也代表代行から方針転換の話があり、すべてのブロックを変更することになったことなどから提出が遅れてしまったようです。

いくつかの名簿は、受け付け終了を知らせる放送中に提出されたということですが、期日と時間が決まっているのですから、それに間に合うようにしなければいけないでしょう。

「たった1週間前に生まれた政党。」ってのは、言い訳にならないですね。

愛知県がウナギの保護のために漁の期間の短縮や漁獲の自粛を開始

歴史的な不漁が続いているウナギ。

そのウナギを保護するため、全国有数のウナギの産地である愛知県では、今後、シラスウナギの漁の期間の短縮や産卵のために海へ下るウナギの漁獲を自粛するなどの対策を今冬から実施すると、30日に発表したのです。

ここ数年、ウナギの不漁が続いており、とくに今年は、最悪といっていいほどウナギが不漁だったことから、土用の丑の日にウナギが高過ぎて買えなかったという人も多くいました。

私も今年はウナギを買えませんでした。スマホで簡単に安いウナギの比較が出来たらいいんですけどね。FXのスマホサイトみたいに、見やすくてどこでも使えるくらいまでいったら大したものです。FX スマホ ツールまで使えたら、もう何も言うことはありません。

愛知県では、これまで12月1日から翌年4月30日までシラスウナギの漁を行っていましたが、開始を12月16日に遅らせ、毎月5日の漁を禁止にすることで計19日間短縮するそうです。

また、一般の釣り人にも下りウナギを獲らないなどの自粛を呼び掛けていくそうです。

これで少しづつでもウナギの生息数が増加していけばいいんですけどね。